2018年9月22日

税理士試験のための勉強は自分に合った方法で

税金の専門家としてもお馴染みの「税理士」
税理士として働く方法として、公認会計士などの資格を活かすほか、税理士試験を受ける方法があります。
税理士試験に合格するためには、効率的な勉強が大切なことはいうまでもありません。
さいわい、試験は年1回、合格に必要な5科目(選択科目あり)をわけて受けることもできます。
そのため、自分に合った方法で合格を目指すとよいでしょう。
効率的に学ぶ方法として、専門学校へ通うことも選択肢のひとつです。
受け身の勉強ではなく、隙間時間を有効活用して学ぶことも大事ですよね。
試験の合格を目指す人の間で、合格者の体験談が注目されています。
ずっと勉強漬けの人も少なくありませんが、限られた時間をフル活用して合格を勝ち取った人もいるからです。
忙しくて勉強時間が取りにくい環境のなかでも、自分なりに工夫して勉強した人も存在します。
テキストをどう活用するか、ノートをつくるかどうかは人それぞれです。
これは、税理士試験に限られたことではありませんので、これまでの試験勉強のやり方をヒントにするとよいですね。
覚えたことは一定の期間を置いてから見直すことも大切です。
このように、1つひとつ勉強を積み重ねていきましょう。