現在は通常のPCでもかなり良いものが販売されているため、自分でもDVDを制作できるようになってきました。
DVD制作で重要になるのは、失敗をしないことです。
再書き込みができないようなDVDを利用する時には、失敗をしてしまうと、メディア自体を利用できなくなってしまうので、書き込みに失敗するのは避けなければなりません。

こうした事を考えると、DVDのプレスは業社に依頼する方が良いと言えるでしょう。
DVDプレスを行っているような業社はたくさんありますが、その中には2種類あると言えます。
それは海外のDVDプレス会社と、国内のDVDプレス会社という2種類です。

では両者にはどのような違いがあるのでしょうか?
まず大きなポイントになるのは、料金の違いです。
海外のDVDプレス会社の方が圧倒的に料金を低く設定しているため、現在は多くの方が海外の会社への依頼を行っているようです。
しかし料金が安くても、質の低い製品を納品されている方も多いようです。
2つ目のポイントは質と納期です。
海外製のDVDは質が悪く、そして納期が遅いという特徴があります。
こうした面を考えると、納期が安定しており、質の良いDVDを制作できるような国内のプレス業者に依頼する方が良いでしょう。