法律の条文は長く、解釈もややこしいため、苦手意識を持つ人も少なくないでしょう。
しかし、法律は私たちの生活を守るために存在するのです。
もし、理不尽な想いをしたときは、法的解決が必要な場合もでてきますね。
たとえば、身近な存在として「離婚」や「借金問題」が挙げられます。
それ以外にも、いろいろなケースがあります。
相手がいる場合は、その人から訴えられるかもしれないのです。
このような理由から、法律に関する問題は他人事では済まされないのではないでしょうか。
身辺のトラブルを自分で解決するのは並大抵ではありません。
やはり、弁護士に相談することが望ましいと考えられます。
ただ、そのための費用がネックになるため、諦める人もいるかもしれませんね。
そうならないためには「法テラス」(日本司法支援センター)の存在を知っておきましょう。
自分が利用する機会がなくても、身近な人に教えてあげられるかもしれません。
法テラスでは、経済的余裕がない人は無料で法律相談が受けられるほか、弁護士・司法書士費用などの立替も可能です。
また、刑事と民事、どちらも対象になることを把握しておくとよいですね。